材料力学I

授業目的
機械を構成する部材に着目し,作用する外力による部材への影響(内部に発生する力,変形等)を解析する手法を修得する.
材料力学Iにおいては特に,当該分野の基盤となる各種基本概念の理解と,それらを適用した解析手法の習熟に重点を置く.
到達目標
材料力学に関する用語と概念について説明できる.
種々の外力により部材に生じる影響を説明できる.
同,部材に生じる影響を,数学的手法に基づいて解析できる.
授業計画
第1回はじめに 材料力学を学ぶために必要な知識
第2回応力とひずみ(1)定義,基本となる考え方
第3回応力とひずみ(2)応力とひずみの関係,安全率
第4回引張と圧縮(1)伸び
第5回引張と圧縮(2)静定と不静定
第6回軸のねじり(1)2軸応力
第7回軸のねじり(2)各種断面
第8回はりの曲げ(1)せん断力
第9回はりの曲げ(2)曲げモーメント
第10回はりの曲げ(3)曲げ応力
第11回はりの曲げ(4)各種断面
第12回はりの曲げ(5)たわみ
第13回はりの複雑な問題(1)各種不静定問題
第14回はりの複雑な問題(2)組み合わせ梁