数理論理学

授業目的
論理回路,プログラム理論,システム検証,人工知能など多くの分野の理論的基盤となる考えを学び,抽象化・形式化したものの考え方をする能力を身につける.
到達目標
命題論理および1階述語論理の基本事項の習得を目標とする.具体的には,構文論と意味論およびその関係,自然演繹や公理系による証明方法,導出(融合)原理の基本操作,完全性や健全性の意味が理解できることを目標とする.
授業計画
第1回はじめに,集合と関係
第2回命題論理 -- 言語,構文論,意味論
第3回命題論理 -- 導出(融合)原理
第4回命題論理 -- シーケント計算
第5回一階述語論理 -- 言語,構文論,意味論
第6回一階述語論理 -- エルブランの定理,単一化
第7回一階述語論理 -- 導出(融合)原理
第8回一階述語論理 -- シーケント計算,構文論
第9回中間試験
第10回復習
第11回命題様相論理,時相論理
第12回 非古典論理,まとめ
第13回復習
第14回期末試験