デザイン論

授業目的
デザインの企画・発想から,デザインの具現化,伝達にいたるまでに必要な基礎的項目を理解する.具体的には,メディアデザイン,情報デザイン,プロダクトデザイン,インタラクションデザインなどを対象とし,実例を通して,それぞれのデザインプロセスの背景にあるデザイン思考が理解できる.講義中の演習によって,実地的なデザイン思考やデザインプロセスを習得する.
到達目標
メディアデザイン,情報デザイン,インタラクションデザインの概略と基本知識を身につけることができる.そして,日常のデザインを分析的に捉えて,その欠点を見出し,それを解決するデザインが提案できる.
授業計画
第1回ガイダンス
第2回デザインの歴史
第3回デザインと心理学
第4回映像と音のデザイン
第5回ノンデザイナーズ デザイン演習
第6回身の回りのデザイン
第7回環境のデザイン
第8回工業製品に見るデザインの本質
第9回工業製品としてのロボットデザイン
第10回情報デザインとしてのプレゼンテーション
第11回情報デザイン演習
第12回一般化・日常化するデザイン
第13回ユーザーインタフェースデザインの諸問題
第14回まとめ