物理工学演習

授業目的
知能・機械工学を理解し,自身のものづくりに活用するためには,その基盤の一つである物理学の知識を十分に習得しておくことが重要である.本講義では,知能・機械工学に関連する様々な分野における具体的事例を題材として,物理学,具体的には力学・波動・電子回路の各分野についての基礎知識を身につけることを目的とする.
到達目標
1)物理学を取り扱う上で必要な数学の知識を身に付ける.
2)力学や波動学の基礎を理解し知能・機械工学分野に応用できる.
3)センサやアクチュエータの利用に必要な電子回路について理解する.
授業計画
第1回物理学と知能・機械工学
第2回数学の基礎知識(1) - ベクトル
第3回力学(1) - 力と運動・運動の法則
第4回数学の基礎知識(2) - 方程式を解く
第5回力学(2) - 仕事とエネルギー
第6回力学(3) - 衝突と運動量
第7回力学(4) - 剛体の運動
第8回中間演習(1)
第9回波動学(1) - 振動と波
第10回波動学(2) - 音波
第11回波動学(3) - 光波
第12回電子回路の基礎
第13回電子回路の応用 - センサ・アクチュエータ
第14回中間演習(2)
第15回総合演習