知識情報処理実習

授業目的
手続き型言語とは異なるプログラミング手法を学ぶことで,プログラム言語に対する視野を広げ,論理的な考え方,アルゴリズムの作り方を身につける.
到達目標
単一化,リスト処理,再帰プログラミング,バックトラックと枝刈りについて理解し,これらを使ったPrologプログラムが記述できること.
授業計画
第1回Prologとは?-プログラムの意味と基本的な動かし方,データベースと検索
第2回再帰プログラム
第3回リスト処理(1)
第4回リスト処理(2)
第5回リスト処理(3)
第6回項の処理(1)
第7回項の処理(2)
第8回全解探索と枝刈り
第9回理解度テスト
第10回再帰型と繰り返し型
第11回AIプログラミング(1)
第12回AIプログラミング(2)
第13回AIプログラミング(3)
第14回理解度テスト(再),期末テスト