ヒューマンコンピュータインタラクション実験

授業目的
インタラクティブなシステムには,ユーザの入力や周囲の状況に対応したフィードバックを行うことが重要である.本演習では,電子アートとビジュアルデザインのための統合開発環境Processingを用いてデータの視覚化とインタラクティブな表現手法,および拡張現実感システム構築技能の学習と習得を目的とする.
到達目標
インタラクティブなシステムには,ユーザの入力や周囲の状況に対応したフィードバックを行うことが重要である.本演習では,電子アートとビジュアルデザインのための統合開発環境Processingを用いてデータの視覚化とインタラクティブな表現手法,および拡張現実感システム構築技能の学習と習得ができる.
授業計画
Processing及びそのARToolkitプラグインを用いて,下記に関する技術内容の処理プログラム作成課題をこなすことにより実践的なインタラクティブシステム構築技術を習得する.
1.Processing入門
2.様々な情報視覚化表現
3.時系列データの表現
4.ユーザ入力に対応したインタラクティブなビジュアル表現
5.拡張現実感を用いたビジュアル表現