エルゴノミクスコンピューティング実習

授業目的
本実習の目的は,エルゴノミクスコンピューティングと関連の深いバーチャルリアリティ技術について,実世界の情報の入力,実世界への情報の出力,バーチャル世界のモデリングとシミュレーションの実習を行い,各技術についての理解を深めることである.
到達目標
バーチャルリアリティシステムに必要な要素技術の原理について,実装を行うことにより理解する.
授業計画
第1回プログラム開発環境の構築とテスト
第2回基礎知識:Processingによるプログラム作成
第3回基礎知識:座標変換
第4回基礎知識:オブジェクト指向プログラミング
第5回入力:Arduinoを用いた入出力の基礎
第6回入力:センサ情報に対する信号処理(1)
第7回入力:センサ情報に対する信号処理(2)
第8回入力:センサ情報を利用したインタラクション
第9回シミュレーション:運動方程式とその数値計算
第10回シミュレーション:オブジェクト指向を用いたモデリング
第11回シミュレーション:バネ-質点モデルによる粘弾性体のシミュレーション
第12回出力:複合現実のための距離カメラ情報処理
第13回出力:複合現実のためのCGレンダリング
第14回出力:距離情報を活用した幾何学的整合性の高い複合現実
第15回出力:複合現実アプリケーションの構築