データ構造とアルゴリズム実習

授業目的
実用的なソフトウェア開発が行えるように,与えられた計算問題に対してデータ構造やアルゴリズムを適切に選択できるようになることを目指す.
到達目標
授業「データ構造とアルゴリズム」で学んだ知識を駆使し,様々な計算問題に対して所用の要求条件(計算時間や消費メモリ量に対する条件)を満足するプログラムが作成できることを目標とする.
授業計画
第1回オンラインジャッジの使い方,挿入ソート,最大公約数
第2回素数,最大の利益
第3回スタック,キュー,リスト
第4回線形探索,二分探索
第5回辞書,割り当て
第6回根付き木
第7回二分木,木の巡回,木の再構築
第8回中間試験
第9回二分探索木(挿入,探索)
第10回二分探索木(削除)
第11回完全二分木,最大ヒープ木
第12回グラフ,深さ優先探索
第13回幅優先探索,連結成分分解
第14回期末試験