芸術と技術

授業目的
本講義の目的は,芸術と技術が抱える問題を理解し,相互の関係を学ぶことである.
到達目標
本講義では以下の3点を到達目標とする.
・身の回りにある芸術の基礎的な見方ができる.
・映像や舞台に用いられる技術を解説することができる.
・最新のテクノロジーについて簡潔に説明することができる.
授業計画
第1回「芸術と技術」概論:オリエンテーション
第2回ダンスの現状:劇場舞踊の誕生からフラッシュ・モブまで
第3回音響設備:音響効果/デジタル伝送
第4回バレエの興隆/バレエ表現の多様化
第5回照明設備:照明器具/調光
第6回アメリカで広がるモダンダンス
第7回科学技術を用いた美術館・博物館の在り方
第8回劇場・ホールの成り立ち
第9回ポストモダンダンス/コンテンポラリーダンス
第10回ダンスを記録する方法:舞踊記譜法/モーションキャプチャ
第11回現代アートと科学技術の融合
第12回映像技術について:映画とアニメ―ションの歴史
第13回身体技術について:ストリートダンス
第14回講義のまとめ:これからの芸術と技術の在り方について