プログラミング実習III

授業目的
CおよびC++言語で実践的なプログラミングを行うための基礎的な技術の修得を目的とする.
到達目標
1)関数を用いたプログラミングと,分割コンパイルができる.
2)配列,構造体,ポインタ,動的メモリ割り当てを用いたプログラミングができる.
3)ソーティング,リスト処理,探索の各種アルゴリズムをCプログラムとして実装できる.
授業計画
第1回Cプログラミングの基礎事項
第2回分割コンパイル
第3回ポインタ
第4回配列と構造体
第5回第一回実技試験
第6回動的割当て
第7回リスト処理
第8回ソーティング
第9回ハッシュ
第10回第二回実技試験
第11回C++:CからC++へ
第12回C++:標準ライブラリ STL
第13回C++:コンストラクタ, デストラクタ, 代入
第14回C++:継承とポリモーフィズム
第15回総復習