論理回路

授業目的
コンピュータや種々の情報システムを構成するディジタル回路の基礎事項を理解する.具体的には,コンピュータにおける数の表現および演算の方法,論理代数や論理関数とその性質,組合せ論理回路や順序論理回路の構成と設計法等,情報科学における基礎事項の知識や考え方を習得することを目的とする.
到達目標
・整数の2進数表現と10進数表現の相互変換,2進数の加減算ができる.
・論理式の簡単化,カルノー図を用いた最小積和形論理式の導出ができる.
・論理式から指定されたゲートを用いた組合せ論理回路を設計できる.
・順序回路の原理を理解し,状態遷移グラフから順序回路を設計できる.
・加減算回路の原理を理解し,オーバフローや整数の大小判定を行う回路が設計できる.
・与えられた論理式を,積和標準形,和積標準形,限られた演算だけからなる論理式に変換できる.
授業計画
第1回講義の概要,論理回路とは,数の表現(1)
第2回数の表現(2)
第3回論理代数と論理関数(1)
第4回論理代数と論理関数(2)
第5回組合せ論理回路
第6回論理関数の簡単化(1)
第7回中間試験(1)
第8回論理関数の簡単化(2)
第9回順序回路
第10回順序回路の設計(1)
第11回順序回路の設計(2)
第12回算術演算回路
第13回中間試験(2)
第14回論理関数の諸性質