数理計画法実習

授業目的
数理的な観点で現実の問題を分析して解決策を与える,数理工学やアルゴリズム工学,オペレーションズ・リサーチという分野がある.本実習では,これらの分野において特に重要な,最適化理論や待ち行列理論などの理論を様々な例に適用することで理解を深め,多くの分野で活用する能力を身に付けることを目的とする.
到達目標
様々な現実的な問題に対して,数理工学,アルゴリズム工学,オペレーションズ・リサーチの方法論を適用し,モデル化・定式化して最終的な解決策の立案までまとめる能力を身につけることを目標とする.
授業計画
第1回ガイダンス,最適化問題(1)(線形計画問題・非線形計画問題・整数計画問題とその解き方)
第2回最適化問題(2)(最適化問題を用いたモデル化)
第3回最適化問題(3)(最適化問題を用いたモデル化)
第4回最適化問題(4)(様々なアルゴリズムとその適用)
第5回待ち行列とシステム性能解析(1)(M/M/1シミュレータの開発)
第6回待ち行列とシステム性能解析(2)(M/M/cシミュレータの開発)
第7回待ち行列とシステム性能解析(3)(待ち行列シミュレーションによる性能評価)
第8回在庫管理(1)(様々な在庫管理問題)
第9回在庫管理(2)(在庫管理手法と在庫シミュレータ開発)
第10回最適化・待ち行列・在庫管理に関する演習
第11回プロジェクト研究(1)(テーマ設定)
第12回プロジェクト研究(2)(シミュレーション・数値実験)
第13回プロジェクト研究(3)(プレゼンテーション準備)
第14回プロジェクト研究(4)(プロジェクト研究発表)