情報理論実習

授業目的
情報理論や通信理論に現れる基本事項の中でも特に情報科学の諸分野において応用が利く重要かつ基本的な内容を演習を通して習得する.学期の前半では,本実習で前提となる線形代数や確率・統計の内容についても復習を行う.
到達目標
情報理論・ディジタル通信の基礎を理解することを目標とする.
授業計画
第1回情報理論の基礎
第2回情報源符号化: ハフマン符号化
第3回情報源符号化: ユニヴァーサル符号化(Lempel-Ziv符号化)
第4回数値計算: 計算誤差
第5回連立方程式の解法: ガウス・ジョルダン法
第6回連立方程式の解法: LU分解
第7回通信路符号化: 線形符号の符号化
第8回通信路符号化: ハミング符号
第9回通信路符号化: 線形符号による消失訂正
第10回通信路符号化: LDPC符号による消失訂正
第11回通信路符号化: LDPC符号による誤り訂正
第12回通信路符号化: 畳込み符号
第13回通信路符号化: 畳込み符号のビタビ復号
第14回総合演習