画像情報処理実習

授業目的
この実習の目的は,様々な画像処理手法の特徴を,実世界のカラー画像や距離画像を用いた評価実験を通して理解することである.
到達目標
画像処理のプログラミング方法や,そのプログラムを実世界画像に適用した場合にどのような結果が得られるのかがわかるようになる.
授業計画
第1回カラー画像の入出力
第2回距離画像の入出力
第3回画素値に基づく領域抽出
第4回二値画像処理
第5回画像の差分に基づく領域抽出
第6回性能評価実験1(アルゴリズムの設計)
第7回性能評価実験1(実験による評価)
第8回エッジ特徴の抽出
第9回部分画像の切り出し
第10回テンプレートマッチング
第11回性能評価実験2(アルゴリズムの設計)
第12回性能評価実験2(実験による評価)
第13回自由制作1(アルゴリズムの設計)
第14回自由制作2(実験による評価)